GARAGE HOUSE × WOMEN’S

車を所有している皆さんや、これから車を所有する皆さん、「ガレージハウス」をご存知ですか?「ガレージ」=「車庫」・・・ガレージハウスは、車庫が組み込まれた家のことを差します。”車は男性の趣味”というイメージが強いですが、男性に限ったことではありません。車を暮らしの身近に感じ、車との暮らしをより楽しめる「ガレージハウス」。その楽しみ方を、3つのケースでご紹介します。

 

 

日々、家事に育児に忙しいママ。働くママも増えているこの頃、「住まいづくり」から家事や育児の効率化を考える方が増えています。「ガレージハウスと家事・育児…?」実は、「ガレージハウス」だからこそのメリットや、活用法があるんです。


まとまった量の買い物をする時や家族旅行でたくさん荷物を持っていく時に、車なら多くの荷物を運べるのが便利ですよね。ガレージハウスなら、部屋と車の距離が近いので、荷物の積み降ろしがとっても楽です。


これが結構便利。雨の日、車から降りて玄関までの短い距離、濡れるのを我慢するか、短い距離でも傘を差すか。ガレージハウスなら、室内で車を乗り降りするので、濡れることがありません。


パラソルや家庭用プールなど、部屋で乾かしづらい大きな物も広げて乾かしておけます。お庭が無い家では特に便利。


ガレージにベンチやテーブルを出して、屋外リビングにも。シャッターを開ければ外の光や風が通り、気持ちの良い空間に。ママ友との話に花が咲きそうです。


旦那様に怒られてしまいそうですが、緊急の時は助け合い。室内で干しきれない洗濯物を干しておけるスペースに。溜まってしまったゴミ、臭いが出てしまうので少しだけガレージに置かせてもらいます。屋外ではないので、カラスが寄ってくる心配も無し。(ただし、一時的にしましょう…!)


木を切る、釘を打つ、ペンキを塗る…室内ではなかなか気が引けるDIY作業。ガレージなら可能です。旦那様にぜひ相談してみてください。


ガレージで旦那様が大切な愛車を磨いている横に子供の姿。趣味を楽しめるオープンな空間は、家族のコミュニケーションが生まれるきっかけになります。

 


西岡本のガレージハウス・神戸
ガレージからの生活動線を意識した間取りが特徴の住まい。ガレージからLDK・パントリーへつながり、買い物した荷物をスムーズに収納したり、キッチンに運ぶことができます。パントリーを抜けたら脱衣洗面・バスルームにつながるため、どろんこになったお子さんやペットも、車を降りたらまっすぐお風呂に向かうことができます。
LDKとガレージの間はガラスのフィックス窓にし、出発時・帰宅時に家族の気配を感じることができます。
建築家とつくる完全オーダーメイドのガレージハウス。好みのデザインにするだけでなく、生活動線や家族のコミュニケーションづくり等のアイデアを豊富に盛り込み、理想の住まいをカタチにします。

 

 

 

「週末は夫婦でツーリングに出かけます。」「旦那から話を聞いているうちに、私も車好きになっちゃいました。」…ご夫婦で共通の趣味があるって素敵ですね。車・バイク・自転車が趣味のご夫婦には「ガレージハウス」は特にオススメです!


ガレージハウスなら自宅で愛車をメンテナンスできます。オイル交換やバッテリーの点検など、時間を気にせず作業に没頭!空調・照明・コンセント・水栓などの設備を整えておくと、より快適なガレージライフが楽しめます。


オーダーメイドで設計するガレージハウスは、室内で保管しづらいアウトドア道具(キャンプ用品やサーフボード、BBQコンロなど)の荷物の量を予想して、必要な広さの収納スペースを設計することができます。「今後サーフボードを購入予定」など先々の予定もヒアリングして、収納場所に困らない工夫をします。


ガレージスペースに置いてある荷物を車に積み込めばすぐ出発!帰ってきてからも、室内への荷物の運び出しが楽です。


スノーボードやサーフボードなど濡れた物は乾燥しながら収納できます。汚れた物を家の中に持ち込まなくて済むのは意外と嬉しいポイント。


ガレージにベンチやテーブルを出して、屋外リビングにも。シャッターを開ければ外の光や風が通り、気持ちの良い空間に。ママ友との話に花が咲きそうです。

 



板橋のガレージハウス・東京
1階をガレージ空間とし、愛車や趣味グッズをディスプレイしながら趣味を楽しむガレージハウス。事前にご夫婦の趣味をヒアリングし、ディスプレイや収納スペース、書斎として使うデスクや照明の位置などを盛り込みながら、設計しています。お車に合わせた壁紙のカラーリングも特徴です。
ザウスガレージハウスプロデュースは、「ガレージでこんなことがしたい」と伝えていただければ、理想の住まいを実現するお手伝いをいたします。

 

 

 

高級車を所有されている方の中には、「乗る楽しみ」の他に「見る楽しみ」を持っている方が多くいらっしゃいます。「この角度から眺めたい」「入出庫にもこだわりたい」そんなこだわりも叶えます。


高級車ゆえ、目の届かない駐車場に駐車しておくのは不安ですよね。「ガレージハウス」なら、自宅内のセキュリティのかかったスペースで安心して愛車を格納できます。


これが結構便利。雨の日、車から降りて玄関までの短い距離、濡れるのを我慢するか、短い距離でも傘を差すか。ガレージハウスなら、室内で車を乗り降りするので、濡れることがありません。


大切なお金のこと。ガレージハウスは契約駐車場の費用がかからないので、ランニングコストが抑えられます。

 


高級車オーナーが「車を眺める」ことを楽しめるよう工夫を盛り込んだガレージハウスを集めました。
ザウスがプロデュースしたガレージハウスは、単なる車庫に留まらず、「愛車の魅せ方」にこだわり、空間のデザインはもちろん、照明の当たり方や室内からの眺めなども完全オーダーメイドで設計します。
過去には、リフトを採用して2台を上下に格納したり、ターンテーブルを採用し、愛車を回転させて出庫させるなどの実例も。リビングから眺めたい、車をこの角度から眺めたい、などのご要望にもアイデアで応えます。

 

 

    LINE