loading

コラムColumn

【建築主の声】いつかはこの家で小さなライダーズカフェをオープ ンしたい。京田辺のガレージハウス・京都

京田辺のガレージハウス・京都 外観

将来的にライダーズカフェをオープンするためのバイクを生活の一部として感じることができる家。

所在地/京都府京田辺市
敷地面積/100.1m2(約30.3坪)
延床面積/98.9m2(約29.9坪)
ガレージ面積/14.9m2(約4.5坪)
愛車(取材時)/:Ducati 916、YZF-R3、KSR-2、TZM50R、
ベンリィ50S改、スーパーカブ50、エブリイワゴン
ビルトイン台数/4台

 

戸建て住宅をリノベーションした経験のある施主が
バイクと愛猫と住まうために、
今回のTさんも、土地探しをきっかけにプロデュース会社を知り、
白紙からプランニングした夢の住宅が竣工。

雑誌 ガレージのある家 vol.39 掲載
Yoshihiko NISHIYAMA(西山嘉彦) photo / Kazushi HIRANO(平野和司)

▲ 外観写真。やや武骨なRC造ガレージの上に、ボックスが2段重ねられたようなS邸。一見シンプルな作りながら、庇の役割も担うせり出された天井が板張りになっていたり、屋根や壁を浮かせたように見せるスリット窓を設けることで視覚的変化が演出されていることが分かる。
 

マシンとの一体感ならば、4 輪よりも2 輪の方が上手だ。屋根がない分、自らのスピードを空気抵抗で感じることができ、コーナリングでは姿勢を倒し込むことでよりスマートに、より速くコーナーを抜けることができるようになる。熟練のライダーほど、バイクは身体の一部のような存在だろう。だからこそ、バイクを愛する人のガレージは、単なる保管場所ではなく住空間との境が曖昧になる傾向にある。

京田辺のガレージハウス・京都 ガレージ内
▲ 将来的にライダーズカフェをオープンしたいという夢 もあり、来客用の駐車スペースも十分に確保されている。
 
京田辺のガレージハウス・京都 ガレージ内
▲ コンプレッサーや吊り器具の設置工事など、施主であるH氏が自ら行ったというガレージ。
 

まさしくH邸のバイクガレージは、住空間との境が曖昧だ。曖昧というより、住空間にバイクを迎え入れたという表現の方がぴったりだろう。もともとガレージハウスに住んでいたH氏は、結婚に際して奥様との2 人分のバイクでガレージがいっぱいになり、整備スペースがとれなくなったという。そこで、2 人のバイクを収納でき、さらに存分に整備ができるスペースを確保するガレージハウスを新築しようと思い立ったそうだ。

京田辺のガレージハウス・京都 ガレージ内
▲ ガレージ内、手前の板張りの床部分は「ホビールーム」、その向こうのコンクリート床の部分は「エントランスギャラリー」としてエリア分けしている。
 
京田辺のガレージハウス ホビールーム京田辺のガレージハウス ホビールーム
▲ 「ホビールーム」は、バイクを整備するまさにファクトリーだ。
 

そんなある日、某モーターサイクルショーでザウスと出会い、ザウスのWEBサイトからアポイント。ザウスを選んだ決め手は、その実績の多さ。また、H氏の提示した予算内で、真摯にプランニングをしてくれたことも、ザウスへの信頼とつながった。H氏がこだわったのは、ガレージとリビングの境界をなくし、バイクを生活の一部として取り込める住空間。そしてガレージ以外の生活空間は効率よくコンパクトにまとめること。施主のこうしたガレージハウスに求める優先順位が明確であれば、プロデュースする側としても的確に焦点の合った計画で応えることが可能となる。実際にザウスのプロデューサーによると、土地探しから設計の打ち合わせも、非常にスムーズに進めることができたそうだ。

京田辺のガレージハウス 中2階
▲ 1階と2階を繋ぐ、いわゆる中2階の部分がLDKとなる。LDKにいながらガレージを眺めることができるので、住まい手とバイクとの距離感も非常に近くなっている。
 
京田辺のガレージハウス 床下収納
▲ LDKの床下は収納。
 

H氏の要望をうまく形にした建築家の矢部氏。初回の提案から驚きと楽しみ溢れるプランであったものの、ガレージの使い方はH氏ならではのもの。提案をただ受け入れるだけでなく、施主自ら積極的に設計にも工事にも楽しみながら参加をすることで、理想のガレージスペースが実現。

京田辺のガレージハウス ガレージ内
▲ エアツールなども完備し、本格的な作業も可能となっている「ホビールーム」。将来的にライダーズカフェになることを意識して、ショップのような見せる収納となっている。
 
京田辺のガレージハウス ガレージ内
▲ キッチン横の引き戸は、玄関から2階へ上がる階段へと繋がっている。ライダーズカフェをオープンした場合、カフェのエリアとプライベートのエリアは、この引き戸が境界となる。
 

時にはH氏自ら「施主支給」し、更には大変な思いをしながら「施主 施工」で仕上げ、コストを抑える工夫も。だからこそ、愛着も喜びも大きい、バイクを整備するためのオリジナリティ溢れるガレージハウスを完成させることができた。

京田辺のガレージハウス リビング
▲ いつかはこのガレージハウスで小さなライダーズカフェをオープンしたいというのがH夫婦の夢。
 
京田辺のガレージハウス キッチン
▲ キッチンはカフェとして使用するときの動線と設備が考慮されており、すでにカフェの雰囲気。いつ でもカフェがオープンできそうだ。
 
京田辺のガレージハウス キャットウォーク
▲ H邸には、バイクと住まう以外にも大切なコンセプトがある。それが愛猫3匹が自由に遊ぶことが出来るためのスペース。梁などはそのままネコの遊び場となる。
 
京田辺のガレージハウス ガレージ内作業風景
▲ 「夫婦でガレージとリビングで違うことをしていても会話ができるため、楽しい時間をより多く共有できるようになりました」とH氏は語り、夕食後のくつろいだ時間などに、TVを見るぐらいの気軽な感覚でバイクに触れることができるので、バイクをより身近に感じるようになったそうだ。
 

 

所在地京都府京田辺市
竣工2016年5月
敷地面積100.1m2(約30.3坪)
延床面積98.9m2(約29.9坪)
ガレージ面積14.9m2(約4.5坪)
愛車(取材時)Ducati 916、YZF-R3、KSR-2、TZM50R、 ベンリィ50S改、スーパーカブ50、エブリイワゴン
設計矢部直輝
施工株式会社山本安工務店
プロデュースザウス株式会社
 

ガレージのある家 vol.39 掲載
雑誌「ガレージのある家 vol.39」表紙
発行年月日:2017年11月13日
出版社名:株式会社ネコ・パブリッシング

 

page toppage top