loading

コラムColumn

【建築主の声】エアポートを借景にして暮らすガラス張りのシンプルモダン。大田区のガレージハウス

「家に合わせたライフスタイルではなく、自分のライフスタイルに合わせた家に住む。」

所在地/東京都大田区
敷地面積/50.01m2(約15.1坪)
延床面積/89.54m2(約27.1坪)
ビルトイン台数/1台
愛車/2006年式ジープ・ラングラー

 

家に合わせて自分のライフスタイルを変えるのではなく、
その人のライフスタイルに合わせた家を創りあげる。
この願いを叶えるにはアシストするパートナーがいると心強い。
住宅プロデューサーとの連携で快適な居住空間が出来上がった。

雑誌 ガレージのある家 vol.20 掲載
photo / 株式会社アトリエ・フロール text / Masayuki-YOSHIMI(吉見雅幸)


一昨年の8月からマンション購入を考え始めたという施主のYさん。クルマ好きでもあり、20代の頃から何台も乗り継いでいる愛車がジープ・ラングラーという大型オフローダー。しかしこのクルマが収まる駐車場を持つマンションなど、都内では限定的だ。そこで駐車スペースを持つ建売住宅へと幅を広げるも既製の3LDKなどという部屋割りや内装は、いかにもファミリー然としたものしか見当たらない。なんでも自分好みにカスタマイズすることが好きなYさんにとって、既製のレイアウトに収まること自体、窮屈さを感じてしまったのだ。
 
▲ 上の写真。木造3階建てのY邸。イメージは長方形のハコという感じだ。とにかく外観には装飾が無く、窓、ガレージ、玄関があるというまるでビルを思わせる佇まい。Yさんいわく「シンプルイズベスト!」とのこと。
 
「知り合いが家に遊びに来たときにどんな顔で迎えたらいいのかイメージが湧かなかった」と言う。家に合わせたライフスタイルではなく、自分のライフスタイルに合わせた家に住む。これがYさんが望んだ家の形だったのだ。
 
▲ 20代の頃から乗り継いでいるというジープ。現在の愛車は’06年型ジープ・ラングラー。奥のガレージのエアコンはクルマ専用で、雨で濡れた時の除湿対策だ。
 
試しにネットで”ガレージハウス”を検索すると『ザウス』という会社名がヒット。Yさんと『ザウス東京』との家造りがここからスタートする。ザウスのプロデューサーとの打ち合わせを重ね、土地を見に行くこと20回以上。ネット上では数百件のデータを集め、現在の土地に巡り合えたという。
 
▲ 2階のリビング・ダイニングエリア。広さは13.2畳で窓は全面ガラス張りの明るい空間だ。越してきて1ヶ月少しなのに、すでにモデルルームのような完成された空間デザインだ。
 
駅から1分、遠くには羽田が望め、ジープでの出し入れも十分な道幅が確保されている好立地の場所。以前『ザウス東京』で見た建築例からインスパイアして描いた家のラフスケッチが、スッポリ収まりそうな敷地形状。さらに屋上を設ければ羽田空港が望める景色など、予期せぬオマケも付いてきたのだから断る理由は何もなかったという。
 
▲ 冷蔵庫や収納棚はすべて隠しているキッチン。手前はレゲエの7インチレコードコレクションとターンテーブル。
 
Yさんが描いたラフスケッチをもとに建築家の福島さんの手により、現実的な家の図面が完成。『ザウス』では実際の土地に合わせたテストプランを提示し、具体的な建築物の事前確認を行っている。
 
▲ 壁や床の色は福島さんのチョイスで決まったが、階段のフレームとステップの色味はYさんの好みで決定したもの。
 
▲ 3階にある寝室には、机の上のコインや財布、本棚のサングラス、たくさんの要素がシンプルにまとまっている。
 
Yさんが求めた重要なポイントとして、ガレージと屋上はマスト条件だった。それ以外は「福島さんとセンスが似ていたので任せるところはお願いしました」と、すっかりガレージと屋上がお気に入りになったそうだ。特筆すべきはフルタイムとなった羽田の夜景だという。
 
▲ 遮るものが何もない屋上は羽田空港が見える絶景ポイント。飛行ルートは海側なので静かな離発着風景が望める。
 
竣工し、日々快適な生活を送っているオーナーが手にしたものは、家以上のものだったかもしれない。
 

ガレージハウスの施工例はこちらから

 

福島宏記さん

家に対して明快なイメージを持たれていたYさんとの打ち合わせでは、そのイメージを1つずつ現実的なものに変えていく共同作業となりました。限られた敷地の中で大きな空間を確保するために木造門型フレームという構法を採用。これにより、もう1つの要望でもあった道路に面しての横長の大きな窓も設置が可能になりました。色彩は内外共に白で統一しています。各フロアーではクルマや絵画や好みの家具で空間のアクセントを楽しみ、屋上では羽田の空を存分に満喫することができます。

 

Yさんは土地を探す前から、希望の建物イメージがとてもはっきりとしておられ、ご自身でExcelやGoogleのソフトを使って作成された、建物外観や間取り図を頂いた時は、その完成度の高さに驚きました。その建物イメージと予算条件に合う土地探しを経て、お引渡しまでの約1年半の間、こだわりの要望を可能な限り実現できるように、建築家と工務店を調整しながら出来上がった住まいは、私にとっても感慨ひとしおです。

 

所在地 東京都大田区
竣工 2010年9月
敷地面積 50.01m2(約15.1坪)
延床面積 89.54m2(約27.1坪)
愛車 2006年式ジープ・ラングラー
設計 カスケードアンドパートナーズ一級建築士事務所・福島宏記
施工 株式会社東京住建
プロデュース ザウス株式会社・ザウス東京店

 

ガレージのある家 vol.20 掲載

発行年月日:2010年11月11日
出版社名:株式会社ネコ・パブリッシング

 

>> 様々なこだわりをカタチにしたガレージハウスをもっと見る

>> [ガレージハウス事例集]と[バイクガレージハウス事例集]を手元でゆっくりと見たい方はこちら

>> ガレージハウスを建てたい!費用は?進め方は?最適な土地は?ガレージハウスの相談したい方はこちら

page toppage top